Top / Installmemo / TSM / linuxClient

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

ソフトウェアTivoli Storage Manager Version 5.5.1
Tivoli Storage Manager Version 5.5.3
IBM Spectrum Protect Version 8.1.0
OS(作業日)Vine Linux 4.2 2008/11/19
CentOS 7
導入領域/opt/tivoli/tsm
消費ディスク容量約50MB(プログラム領域のみ)


クライアントモジュールのインストール (TSM5.5)

クライアントはAPIモジュールを先に導入する必要がある。

# rpm -ivh TIVsm-BA.i386.rpm 
エラー: 依存性の欠如:
        TIVsm-API = 5.5.0 は TIVsm-BA-5.5.0-0.i586 に必要とされています
# rpm -ivh TIVsm-API.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:TIVsm-API              ########################################### [100%]
Postinstall of the API

TSM Linux API installation complete.

Be sure to set up the configuration files!

# rpm -ivh TIVsm-BA.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:TIVsm-BA               ########################################### [100%]
Postinstall of the Backup Archive client

TSM Linux client installation complete.

Be sure to set up the system configuration file
before starting the client!

PTFの適用においてパッケージ依存関係によりupdateできないため強制上書き導入を行う。

# rpm -Uvh TIVsm-API.i386.rpm
エラー: 依存性の欠如:
        TIVsm-API = 5.5.0 は (インストール済み)TIVsm-BA-5.5.0-0.i586 に必要とされています
        TIVsm-API = 5.5.0 は (インストール済み)TIVsm-msg.ja_JP-5.5.0-0.i586 に必要とされています
# rpm -Uvh --nodeps TIVsm-API.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:TIVsm-API              ########################################### [100%]
Postinstall of the API

TSM Linux API installation complete.

Be sure to set up the configuration files!

# rpm -Uvh --nodeps TIVsm-BA.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:TIVsm-BA               ########################################### [100%]
Postinstall of the Backup Archive client ln: `../../lang/en_US' への
シンボリックリンク `/opt/tivoli/tsm/client/ba/bin/en_US/en_US' を作成します: 
ファイルが存在します

TSM Linux client installation complete.

Be sure to set up the system configuration file
before starting the client!

# rpm -qa | grep TIV
TIVsm-API-5.5.1-4
TIVsm-BA-5.5.1-4

クライアントモジュールのインストール (IBM Spectrum protect 8.1)

# rpm -ivh TIVsm-API64.x86_64.rpm TIVsm-BA.x86_64.rpm
準備しています...              ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:TIVsm-API64-8.1.0-0              ################################# [ 50%]
   2:TIVsm-BA-8.1.0-0                 ################################# [100%]

クライアントの設定

  • ライブラリパスの追加
    TIVsm-APIをライブラリパスに追加する。(defaultでは/opt/tivoli/tsm/client/api/bin/)
    1.ユーザーの LD_LIBRARY_PATH 環境変数
    2./etc/ld.so.conf
  • ノードの登録
    サーバ側で事前にノードの登録を実施しておく。(Installmemo/TSM/regclient)
  • クライアント設定
    • 接続先TSMサーバの設定(dsm.sys)
      dsm.sysにTSMサーバに関する情報を登録する。
      SErvername  TSMサーバー名
        COMMMethod         TCPip
        TCPPort            TSMポート番号
        TCPServeraddress   TSMサーバーのIPアドレス
        nodename           クライアント・ノード名
    • TSMクライアントのオプション設定(dsm.opt)
      dsm.opt

バックアップ方法

バックアップ手順
1.TSMクライアントの起動(ユーザーID、パスワードはノード登録時のIDを使用)
2.selective -subdir=[yes|no] 対象Directory で対象DirectoryがTSMサーバーに保管される。
  subdirはサブディレクトリも含めてバックアップ取得を行うか選択する。
3.incremental -subdir=[yes|no] 対象Directory で対象Directoryの増分バックアップがTSMサーバーに保管される。

# ./dsmc
IBM Tivoli Storage Manager
コマンド行バックアップ/アーカイブ・クライアント・インターフェース
  クライアント・バージョン 5、リリース 5、レベル 0.0
  クライアント日付/時刻: 11/19/2008 10:50:00
(c) Copyright by IBM Corporation and other(s) 1990, 2007. All Rights Reserved.

ノード名: INASA02
ユーザー ID <INASA02> を入力してください: inasa02

ユーザー ID "INASA02" のパスワードを入力してください:

セッションの確立、サーバー:SERVER1: Linux/i386
  サーバーのバージョン 5、リリース 5、レベル 1.1
  サーバー日付/時刻 : 11/19/2008 10:50:01  最終アクセス : 11/19/2008 10:45:54

tsm> selective -subdir=yes /home/
選択的バックアップ機能が呼び出されました。

ディレクトリー -->               4,096 /home/ [送信]
ディレクトリー -->              16,384 /home/lost+found [送信]
ディレクトリー -->               4,096 /home/user [送信]
通常ファイル -->           829,572 /home/restoresymtable [送信]
ディレクトリー -->               4,096 /home/user/.anthy [送信]
ディレクトリー -->               4,096 /home/user/.emacs.d [送信]
〜中略〜
通常ファイル -->                43 /home/user/.w3m/w3mel9529iup [送信]
通常ファイル -->             9,251 /home/user/.w3m/.arrived [送信]
通常ファイル -->                43 /home/user/.w3m/w3mel95297Bv [送信]
'/home/*' の選択バックアップ処理が障害なしに終了しました。


検査済みオブジェクトの合計数:           305
バックアップ・オブジェクトの合計数:     305
更新したオブジェクトの合計数:             0
再バインド・オブジェクトの合計数:         0
削除オブジェクトの合計数:                 0
有効期限切れオブジェクトの合計数:         0
障害オブジェクトの合計数:                 0
転送済みバイトの合計数:              20.73 MB
データ転送時間:                        4.61 秒
ネットワーク・データ転送速度:      4,602.29 KB/秒
集合のデータ転送速度:              2,564.85 KB/秒
オブジェクト圧縮:                         0%
経過処理時間:                      00:00:08
tsm>

リストア

  • バックアップの一覧表示
    tsm> query backup -subdir=yes -inactive /home/
    inactive:最新世代以外のバックアップも含めて表示
  • リストア
    tsm> restore -subdir=yes -replace=all /home/ /restore_dir
    replace:リストア先にファイルが存在する場合、強制上書きする。
    ※リストア先のディレクトリを指定しない場合、バックアップ元のディレクトリにリストアされる。
    tsm> restore -subdir=yes -inactive -pick /home/
    inactive:最新世代以外のバックアップも含めてリストアする
    pick:リストア可能なバックアップが複数存在する場合、リストアーするファイルを選択する
  • リストアジョブの強制終了後の処理
    リストア処理を強制終了した場合、ファイルスペースがロックされた状態にあります。そのため、リストアを継続するのであればrestart restore、キャンセルするのであれば、cancel restoreを実行します。
    ANS1228E オブジェクト '/xxx/xxxx' の送信が失敗しました
    ANS1330S 現在、このノードには保留中の再始動可能リストア・セッションがあります。
    リストア情報の表示
    tsm> query restore
    --- 再始動可能なリストア情報 ---
    再開可能セッション : 1
        開始日付/時刻  : 01/05/2011 22:04:54
                  所有者 : *
                 ソース : /xxx/*
                  宛先 : /xxx
    リストアジョブのキャンセル
    tsm> cancel restore
    --- 再始動可能なリストア情報 ---
    再開可能セッション : 1
        開始日付/時刻  : 01/05/2011 22:04:54
                  所有者 : *
                 ソース : /xxx/*
                  宛先 : /xxx
    
    取り消すセッションは ? (1 - 1 または終了): 1
     
    tsm> q restore
    
    再始動可能リストア・セッションがありません。

バッチ処理方法

TSMクライアントを通常に起動すると対話モードになるため、cronなどでバックアップを自動実行する場合は不都合が生じる。そのため、dsm.sysに下記のエントリーを追記することで初回のみユーザーIDとパスワードを対話モードで入力することで暗号化された形式でユーザーID,パスワードがファイルに保管される。次回以降はユーザーID,パスワードの入力を求められない。

passwordaccess Generate

ユーザーID,パスワードは/etc/adsm/TSM.PWDファイルに保管される。TSM.PWDファイルはノード名等も含むためほかのサーバで作成したファイルを流用することはできない。


TSM.PWDファイルが正常に作成された状態で、対話モードで入力したTSMコマンドをTSMクライアントの引数として渡すことで実行できる。

# /opt/tivoli/tsm/client/ba/bin/dsmc incremental -subdir=yes "/home/"
IBM Tivoli Storage Manager 
コマンド行バックアップ/アーカイブ・クライアント・インターフェース
  クライアント・バージョン 5、リリース 5、レベル 1.4
  クライアント日付/時刻: 11/19/2008 11:46:19
(c) Copyright by IBM Corporation and other(s) 1990, 2008. All Rights Reserved.

ノード名: CLIENT01
セッションの確立、サーバー:SERVER1: Linux/i386
  サーバーのバージョン 5、リリース 5、レベル 1.1
  サーバー日付/時刻 : 11/19/2008 11:46:20  最終アクセス : 11/19/2008 11:46:12

ボリューム '/home/' の増分バックアップ
通常ファイル -->             6,341 /home/user/.viminfo [送信]
通常ファイル -->                 4 /home/user/test.abc [送信]
'/home/*' の増分バックアップが成功しました

検査済みオブジェクトの合計数:           305
バックアップ・オブジェクトの合計数:       2
更新したオブジェクトの合計数:             0
再バインド・オブジェクトの合計数:         0
削除オブジェクトの合計数:                 0
有効期限切れオブジェクトの合計数:         0
障害オブジェクトの合計数:                 0
転送済みバイトの合計数:               6.24 KB
データ転送時間:                        0.00 秒
ネットワーク・データ転送速度:     271,441.91 KB/秒
集合のデータ転送速度:                  3.02 KB/秒
オブジェクト圧縮:                         0%
経過処理時間:                      00:00:02

インストール後のエラー対応

  • クライアント起動時に言語ファイルセットが見つからないケース
    # ./dsmc
    ANS0101E Unable to open English message repository 'dsmclientV3.cat'.
    ソフトリンク切れのケースがあるため、リンクを張り直す。
    # cd /opt/tivoli/tsm/client/ba/bin/
    # ln -s ../../lang/en_US/ en_US
    同様に日本語メッセージファイルのリンク切れが無いかを確認し、リンクを張り直す。
    ANS0102W Unable to open the message repository /opt/tivoli/tsm/client/ba/bin 
    /ja_JP/dsmclientV3.cat. 
    The American English repository will be used instead.
    日本語メッセージファイルへのリンク作成。
    # pwd
    /opt/tivoli/tsm/client/ba/bin
    # ln -s ../../lang/ja_JP/ ja_JP

Counter: 6507, today: 2, yesterday: 5