Top / Installmemo / vmware

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

ソフトウェアVMware Player Version 2.5.1 Build-126130
VMware Player Version 3.0.0 Build-203739
VMware Player Version 3.1.1 build-282343
ホストOSMicrosoft WindowsXP SP2
Microsoft Windows Vista SP1
マシンThinkPad T61(2GB RAM)
PC/AT (4GB RAM)
ドキュメント2006/06/01(更新:2008/12/10)

VMware Playerはバーチャルマシンの作成こそできないが、多くのバーチャルマシンイメージがインターネット上に公開されている。このバーチャルマシンを用いて様々なOSを導入することができる。また、VMware Serverのツールを組み合わせることでさらにカスタマイズ可能である。


Guest OS

VMware Playerのインストール

VMware Palyer Downloadサイトより取得したファイルを実行し、インストーラの指示通りインストールを行う。
http://www.vmware.com/download/player/

VMware browserappの導入

brawserappはVMwareのサイトにあるFirefoxを利用するためだけのバーチャルマシンのイメージである。ベースはUbuntu Linuxである。次のリンクからダウンロードしたBrowser-Appliance.zipファイルを解凍し適当なディレクトリに配置する。
http://www.vmware.com/appliances/directory/80

BIOSの設定

ゲストマシンの起動はvmxファイルをダブルクリックすることで起動できる。起動するとゲストマシンのBIOSが起動する。

vmwareboot.PNG

この画面で次のキーを押すことによりBIOSの設定や起動デバイスの選択が可能になる。

F2キーBIOS設定画面
F12キーネットワークブート
ESCキー起動デバイスの選択

Memoryの管理

  • メモリ関連のOptionを示す
    メモリサイズmemsize単位MB
    Disk上のメモリファイル作成mainMem.useNamedFile?True or False
    他のVMとのメモリ空間共有sched.mem.pshare.enableTrue or False

仮想ディスクの管理

SCSIのディスクファイルの利用

Browser-Applianceの場合、標準状態で10GBのSCSIディスクが1台登録されている。vmxファイルからscsiインターフェース0にSCSI ID:0で登録されていることが分かる。

scsi0.present = "TRUE"
scsi0.virtualDev = "lsilogic"
scsi0:0.present = "TRUE"
scsi0:0.fileName = "Browser-Appliance.vmdk"
scsi0:0.redo = ""

ディスクを追加する場合は仮想ディスクファイル(拡張子vmdk)をコピーし、vmxファイルにSCSI ID:1として登録を行う。

scsi0:1.present = "TRUE"
scsi0:1.fileName = "disk2.vmdk"
scsi0:1.redo = ""

これで、10GBのディスク装置が1台追加される。

IDEディスクファイルおよびIDE CD-ROMの利用

  • ディスクファイルの利用
    IDEディスクタイプで作成された仮想ディスクファイルはIDEデバイスとして登録できる。
    ide0:0.present = "TRUE"
    ide0:0.fileName = "disk.vmdk"
    ide0:0.redo = ""
  • CD-ROMの利用
    CD-ROMはISOイメージをゲストマシンにCD-ROMとして認識させる方法と、ホストOSのCD-ROMドライブをマッピングさせる方法がとれる。
    • ISOイメージをマウント
      ide1:0.present = "TRUE"
      ide1:0.fileName = "C:\vmware\SHARE\linux.iso"
      ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
      ide1:0.startConnected = "TRUE"
      ide1:0.autodetect = "TRUE"
    • ホストOSのCD-ROMドライブをマッピング
      ide1:0.present = "TRUE"
      ide1:0.fileName = "auto detect"
      ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
      ide1:0.startConnected = "TRUE"
      ide1:0.autodetect = "TRUE"

管理ツールの利用

  • 仮想ディスクの作成・拡張
    仮想ディスクはVMWare Serverに含まれる、vmware-vdiskmanager.exeを用いて行う。IDEタイプの850MBの仮想ディスクの作成は次の通りである。
    vmware-vdiskmanager.exe -c -s 850Mb -a ide -t 0 myIdeDisk.vmdk
    また、既存の仮想ディスクの拡張は次の通りである。
    vmware-vdiskmanager.exe -x 36Gb myDisk.vmdk
  • 仮想ディスクのshrink(圧縮)
    VMWare toolを導入しない状態で仮想ディスクの不要領域を圧縮するにはvmwツールを利用する。(http://chitchat.at.infoseek.co.jp/vmware/indexj.html)
    オプションはなしでvmshrinkを実行するのみである。
  • 仮想ディスクイメージのマウント(VMware-mountツール)
    vmdk形式の仮想ディスクイメージを物理ホスト(Windows)にマウントするにはVMware-mountツールを利用する。
    入手先:VMware Workstation 5.5 Disk Mount Utility
    mount方法
    C:\Program Files\VMware\VMware DiskMount Utility\vmware-mount z: disk1.vmdk
    マウントするドライブ名 -> z:
    マウントするディスクイメージ -> disk1.vmdk
    umount方法
    C:\Program Files\VMware\VMware DiskMount Utility\vmware-mount /d z:

ネットワーク

ethernet0.present = "TRUE"		# Networkアダプタの利用開始
ethernet0.virtualDev = "e1000"		# デバイスの定義 
ethernet0.connectionType = "custom" 	# 接続方式の指定
ethernet0.vnet = "VMnet2"		# 割り当てる仮想Networkの指定
ethernet0.addressType = "static"	# MACアドレスの指定
ethernet0.Address = "00:50:56:00:da:0a"
ethernet0.generatedAddressOffset = "1

デバイスの定義

VMwareのゲストOSにはIntel Gigabit Ethernet (e1000)もしくはAMD PCnet 10/100Mbpsのアダプタとして認識させることができる。

ethernet0.virtualDev = "e1000"Intel(R) PRO/1000 82545EM
ethernet0.virtualDev = "vmxnet"PCnet/PCI II 79C970

ホストOS側のネットワークデバイス割り当て

VMware上のネットワーク設定はvmnetcfgツールにて行う。
nolinkC:\Program Files\VMware\VNware Player\vmnetcfg.exe

VMware Palyer 3よりvmnetcfg.exeは標準でインストールされないため、パッケージより個別で抽出する必要がある。

X:\>VMware-player-3.0.0-203739.exe /e .\tmp

インストールパッケージを展開した後、network.cabにvmnetcfg.exeが保管されている。

  • アダプタ一覧
    VMnet0ブリッジ用アダプタ(ホストOSのNICは自動選択)
    VMnet1VMware内とホストOSのみに閉じたネットワークアダプタ
    VMnet2〜7デフォルトは割り当てなし。手動でホストOSのNICを割り当て可
    VMnet8NAT用アダプタ
  • NATするケース
    ホストOSをNATルータとして扱い、外部へはNATして接続されるためゲストOSのアドレスは外には漏れない。また、外部からゲストOSへ接続するためにはポートフォーワード設定を行う。
    (ちょうどブロードバンドルータと同じような動きをする)
    NATを利用する場合は、接続方式にnatを指定する。
    ethernet0.connectionType ="nat"
    • NATのアダプタ確認
      nolink
  • ポートフォワード設定 - 外部からゲストOSに接続する設定(Option)
    NATアダプタ確認画面において、「編集」ボタンをクリック。
    NATの設定->ポート転送をクリック。
    nolink
    ポートフォワードするゲストOS側のIPアドレスおよびポート番号を指定する。
    nolink
  • ホストOSのNICをブリッジし直接、外部接続するケース
    • ブリッジするNICを自動選択
      ゲストOSをホストOSを介して外部にブリッジ接続する場合は接続方式にBridgedを指定する。ブリッジされるホストOSのNICはVMwareによって自動選択される。
      ethernet0.connectionType ="bridged"

      nolink

  • ブリッジするNICを指定
    ブリッジするNICを指定する場合はvmnetcfg.exeにてあらかじめ仮想デバイスに物理デバイスを割り当てを行い、接続方式をcustomとしブリッジさせる仮想デバイスを指定する。
    ethernet0.connectionType ="custom"
    ethernet0.vnet ="VMnet2"

    nolink

  • 外部接続しないケース

SMPを利用する

仮想プロセッサの数はnumvcpusで指定する。

numvcpus ="2"

シリアルポートを利用する

ホストOSのシリアルポートをゲストOSに割り当てることができる。serial0.fileNameに割り当てるホストOSのシリアルポートを指定する。

serial0.present = "TRUE"
serial0.fileName = "COM9"
serial0.hardwareFlowControl = "TRUE" 

VMの設定でシリアルポートを有効にした後に、VMのBIOSでシリアルポートを利用できるように設定する必要がある。browser-applianceはデフォルトではBIOSで無効になっている。「I/O Device Configuration」で行う。

nolink

USBシリアルコンバータの場合、直接、USBデバイスをVMに割り当てることもできる。ホストOS上のシリアルポートを利用するケースとして、ホストOS上に搭載されているシリアルポートを利用する、内蔵モデムを利用する場合などが考えられる。
〜番外編〜
WindowsXPではIrDAポートを通常のシリアルポートとして利用することができない。そのため、IrCOMM2Kを利用しIrDAポートをCOMポートに割り当てる。これによりVM上からホストOSのIrDAポートをシリアルポートとして利用することも可能になる。
http://www.ircomm2k.de/


[1] http://www.vmware.com/download/player/
[2] http://www.vmware.com/vmtn/appliances/
[2] http://www.vmware.com/vmtn/appliances/directory/browserapp.html
[3] http://blog.yasaka.com/archives/2005/10/vmware_playervi.html
[4] http://www.rhathymia.net/blog/fedora_core_4_on_vmware_player

Counter: 22083, today: 1, yesterday: 0