Top / Installmemo / RS6000 / VirtualDevice

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

POWERが提供する仮想デバイス

IEEE802.1Qタグ付きVLANをサポート

Virtual Ethernet

Hypervisorにより提供される機能でLPAR間のみの通信に利用可能。物理Ethernetアダプタにマッピングすることはできない。ジャンボフレーム(65394byte)をサポート。一つのLPARで最大10仮想アダプタをサポート。

Adapter ID2〜65536までの任意の値
VSwitch使用する仮想スイッチの指定
VLAN IDポートVLAN IDを指定
IEEE802.1Q compatibleタグ付きVLANを使用する場合
NEW VLAN IDタグ付きVLAN IDを指定
Access External Network Trunk priorityVirtual I/Oサーバ構成時に使用
  • 仮想アダプターの作成
  • AIXからの認識方法
    ent2が作成した仮想アダプターである。仮想であるためロケーションコードはない。
    # lsdev -C | grep ent
    ent0       Available 03-08         2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
    ent1       Available 03-09         2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
    ent2       Available               Virtual I/O Ethernet Adapter (l-lan)

Integrated Virtual Ethernet (IVE)

POWER6以降で提供されるオンボードの物理Ethernetアダプタを各LPARで共有する機能。(図p520背面図)

Virtual I/O Serverによる仮想デバイス

  • バーチャル I/O サーバー構成の制約事項
    http://pic.dhe.ibm.com/infocenter/powersys/v3r1m5/index.jsp?topic=/p7hb1/iphb1_vios_planning_res.htm
    仮想アダプターの最大数は、2 から 65,536 までの任意の値にすることができます。
    しかしながら、仮想アダプターの最大個数を 1024 より大きな値に設定する場合は、
    論理区画の活動化が失敗したり、仮想アダプターを管理するために
    サーバー・ファームウェアにもっと多くのシステム・メモリーが必要になることが
    あります。

Virtual I/O Server

  • 導入
    Virtual I/O Serverはmksysb形式で提供される。DVD-ROMからmksysbリストアないしNIMからリストアする方法で導入する。起動後、初期パスワードの設定を行う。Virtual I/O Serverはpadminユーザーにて操作する。
    IBM Virtual I/O Server
    
    login: padmin
    [compat]: 3004-610 You are required to change your password.
            Please choose a new one.
    
    padmin's New password:
    Enter the new password again: 
    
    Indicate by selecting the appropriate response below whether you
    accept or decline the software maintenance terms and conditions.
    [Accept (a)] |  Decline (d) |  View Terms (v)   a
  • ライセンスの有効化
    VIO>$ license -accept
  • 日付・タイムゾーンの設定
    VIO>$ chdate 020317002009 -timezone JST-9
  • rootユーザー
    特殊なデバイスドライバの導入などroot権限が必要なときのみ、rootユーザーにsuする。
    VIO>$ oem_setup_env

Virtual SCSI

〜準備中〜
VIOSで認識しているhdisk3をノードに認識させるケース

  • Virtual SCSIデバイスの定義
    HMCから定義
  • VIOS上のdiskモード変更
    VIOS_1>$ chdev -dev hdisk3 -attr reserve_policy=no_reserve
    hdisk3 changed 
  • Virtual SCSIデバイスへのアサイン
    VIOS_1>$ mkvdev -vdev hdisk3 -vadapter vhost0 -dev lpar1_vtd
    lpar1_vtd Available
VIOS_1>$ lsmap -all
SVSA            Physloc                                      Client Partition ID
                                                                               
--------------- -------------------------------------------- ------------------ 
vhost0          xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx-Cxx 0x00000000           
VTD                   lpar2_vtd                                           
Status                Available         
LUN                   0xNNN0000000000000             
Backing device        hdisk3                               
Physloc               xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

Virtual Ethernet Adapter

  • 物理Ethernetデバイスに対するVirtual I/O Server上でのEther Channelの作成
    ent0とent1は物理Ethernet。この2ポートを冗長化し新たなentを作成する。
    VIO_1>$ mkvdev -lnagg ent0 ent1
    ent3 Available
    ent3がEther Chanel(Link Aggregation)として作成された。
    VIO_1>$ lsdev -type adapter
    name            status     description
    ent0            Available  2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
    ent1            Available  2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
    ent2            Available  Virtual I/O Ethernet Adapter (l-lan)
    ent3            Available  EtherChannel / IEEE 802.3ad Link Aggregation
    Ethernet以外のデバイスは表示させていません。
  • Virtual Ethernetに対して物理Ethernetへブリッジする仮想デバイスの作成(Shared Ethernet Adapter)
    VIO_1>$ mkvdev -sea ent3 -vadapter ent2 -default ent2 -defaultid 1
    ent4 Available
    en4
    et4
    sea:ブリッジする物理アダプタ
    vadapter:ブリッジする仮想アダプタ(複数指定可)
    default:VLAN ID TagのついていないパケットをブリッジするDefaultのアダプタ
    defaultid:VLAN ID Tagのついていないパケットに対して付加するDefaultのVLAN ID

    これでブリッジアダプタ(ent4)が作成された。

    VIO_1>$ lsdev -type adapter
    name            status    description
    ent0            Available  2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
    ent1            Available  2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
    ent2            Available  Virtual I/O Ethernet Adapter (l-lan)
    ent3            Available  EtherChannel / IEEE 802.3ad Link Aggregation
    ent4            Available  Shared Ethernet Adapter
    Ethernet以外のデバイスは表示させていません。

VIOS2台構成による冗長化

VIO_1>$ lsdev -type adapter

name            status    description
ent0            Available  2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
ent1            Available  2-Port 10/100/1000 Base-TX PCI-X Adapter (14108902)
ent2            Available  Virtual I/O Ethernet Adapter (l-lan)
ent3            Available  EtherChannel / IEEE 802.3ad Link Aggregation
ent4            Available  Shared Ethernet Adapter
ent5            Available  Virtual I/O Ethernet Adapter (l-lan)
  • ハートビート用アダプタの作成
  • 冗長化させるアダプタのモード変更
    VIO_1>$ chdev -dev ent4 -attr ctl_chan=ent5 ha_mode=auto 
    ent4:冗長化対象のSEAアダプタ(サービス用アダプタ)
    ent5:ハートビート用アダプタ
VIO_2>$ mkvdev -sea ent0 -vadadpter ent4 -default ent4 -defaultid 1 -attr ctl_chan=ent5 ha_mode=auto
ent2 Available
en2
et2
  • 切替時は数十秒の通信断が発生する。
    VIOS#1を停止させた場合のノード側のping応答状況
    64 bytes from 10.6.118.35: icmp_seq=414 ttl=255 time=0 ms
    64 bytes from 10.6.118.35: icmp_seq=415 ttl=255 time=0 ms
    
    64 bytes from 10.6.118.35: icmp_seq=447 ttl=255 time=0 ms
    64 bytes from 10.6.118.35: icmp_seq=448 ttl=255 time=0 ms

Virtual Fibre Channel Adapter (VIOS 2.1以降)

LPAR# lsdev | grep -i fc                                           
fcs0       Available 12-T1    Virtual Fibre Channel Client  Adapter
fscsi0     Available 12-T1-01 FC SCSI I/O Controller Protocol Device

Counter: 3248, today: 2, yesterday: 1