Top / Installmemo / zLinux

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Link †

HMCのDVDドライブを使用してLinux導入をする際の考慮点

Novell導入ガイド

障害対応 †

DASD †

z/VMへのATTACH †

zLinuxに認識させるには、まずz/VMのユーザーにDASDをATTCHする。Linux上からvmcp経由でCPコマンドを発行させてもよい。

# vmcp  attach 2A0A \*
DASD 2A0A ATTACHED TO MCS201 2A0A WITH DEVCTL PAV BASE

Online化とDASDフォーマット †

  • Online
    Linuxでdeviceとして認識するにはDASDをonlineにする必要がある。
    # chccwdev -e 0.0.2A0A
    Setting device 0.0.2a0a online
    Done
  • DASD Lowレベルフォーマット
    さらにLowレベルフォーマットを行う必要がある。
    # dasdfmt -f /dev/dasdn -l 2A0A -b 4096
    Drive Geometry: 10017 Cylinders * 15 Heads =  150255 Tracks
    
    I am going to format the device /dev/dasdn in the following way:
       Device number of device : 0x2a0a
       Labelling device        : yes
       Disk label              : VOL1
       Disk identifier         : 2A0A
       Extent start (trk no)   : 0
       Extent end (trk no)     : 150254
       Compatible Disk Layout  : yes
       Blocksize               : 4096
    
    --->> ATTENTION! <<---
    All data of that device will be lost.
    Type "yes" to continue, no will leave the disk untouched: yes
    Formatting the device. This may take a while (get yourself a coffee).
    Finished formatting the device.
    Rereading the partition table... ok
  • パーティション作成
    認識させたDASDを1パーティションとして使用する場合はfdasdコマンドでパーティションを作成する。
    # fdasd -a /dev/dasdn
    reading volume label ..: VOL1
    reading vtoc ..........: ok
    
    auto-creating one partition for the whole disk...
    writing volume label...
    writing VTOC...
    rereading partition table...

Network &dagger;

〜準備中〜

Device管理 &dagger;

  • チャネル一覧
    # lschp
  • チャネルのオフライン
    # chchp -v 0 CHP_ID
  • チャネルのオンライン
    # chchp -v 1 CHP_ID
  • サブシステムの一覧
    # lscss
    Device   Subchan.  DevType CU Type Use  PIM PAM POM  CHPIDs
    ----------------------------------------------------------------------
    0.0.2B06 0.0.0000  3390/0C 3990/E9 yes  F0  F0  FF   FCFDFEFF 00000000
    0.0.2B07 0.0.0001  3390/0C 3990/E9 yes  F0  F0  FF   FCFDFEFF 00000000
    0.0.2B08 0.0.0002  3390/0C 3990/E9 yes  F0  F0  FF   FCFDFEFF 00000000
    0.0.0610 0.0.0003  1732/03 1731/03 yes  80  80  FF   F3000000 00000000
    0.0.0611 0.0.0004  1732/03 1731/03 yes  80  80  FF   F3000000 00000000

Tips &dagger;

DASDのread failed error &dagger;

Q.z/VMからDASDをAttachしLinux上でもdasdfmtできるが、その後LVMにPVをアサインするとread failed errorが発生する。

# vgcreate datavg /dev/dasdb1 /dev/dasdc1 /dev/dasdd1
 /dev/dasdb: read failed after 0 of 2048 at 0: Invalid argument
 /dev/dasdc: read failed after 0 of 2048 at 0: Invalid argument
 /dev/dasdd: read failed after 0 of 2048 at 0: Invalid argument

A.対象DASDをdetachし、z/VM上でCPFMTXAにて再フォーマ後を行う