Top / Installmemo / TSM / stgpool

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

ディスクを使用したストレージプールの登録

stgpool-disk.png

順次ファイルボリュームの登録

  1. デバイスクラスの登録
    TSM:SERVER1> define devclass fileclass1 devtype=file directory=/tsmdata/current
    
    ANR2017I Administrator SERVER_CONSOLE issued command: DEFINE DEVCLASS fileclass1
       devtype=file directory=/tsmdata/current
    ANR2203I Device class FILECLASS1 defined.
    FILE デバイス・クラスの MAXCAPACITY 値のデフォルトは 2GB です。(1ファイルあたりの容量)
    TSM8.1のMAXCAPACITY 値のフォルトは 10GB です。
  2. ストレージプールの登録
    TSM:SERVER1> define stgpool diskpool1 fileclass1 maxscratch=100
    
    ANR2017I Administrator SERVER_CONSOLE issued command: DEFINE STGPOOL 
      diskpool1  fileclass1
    maxscratch=100
    ANR2200I Storage pool DISKPOOL1 defined (device class FILECLASS1).
    ※maxscratch:ストレージプールで使用する最大ファイル数

順次ファイルボリュームの変更

  • 1ファイルあたりの最大容量の変更
    TSM:SERVER1> update devclass fileclass1 maxcap=4096m
  • ストレージプールで使用する最大ファイル数の変更
    TSM:SERVER1> update stgpool DISKPOOL1 maxscratch=150

サーバーサイド重複排除機能の使用(TSM8.1)

ストレージプールに対して重複除外機能を有効にする

IBM Spectrum Protect:SERVER1> UPDATE STGPOOL DISKPOOL01 DEDUPLICATE=YES
ANR2017I Administrator SERVER_CONSOLE issued command: UPDATE STGPOOL DISKPOOL01 DEDUPLICATE=YES
ANR2202I Storage pool DISKPOOL01 updated.
ANR0984I Process 2 for IDENTIFY DUPLICATES started in the BACKGROUND at 11時53分58秒.
ANR1018I Volume deduplication process 2 started for storage pool DISKPOOL01, identify processes=1.

重複調査を実行する

IBM Spectrum Protect:SERVER1> IDENTIFY DUPLICATES DISKPOOL01
ANR2017I Administrator SERVER_CONSOLE issued command: IDENTIFY DUPLICATES DISKPOOL01
ANR1999I IDENTIFY DUPLICATES completed successfully.

重複調査プロセスはデフォルトでは1プロセスであるが、間に合わない。4プロセス程度を稼働させるのが良い。

Protect: SERVER1>UPDATE STGPOOL DISKPOOL01 DEDUPLICATE=YES identifyproc=4
ANR2202I Storage pool DISKPOOL01 updated.

ところが、いつまでたっても「Deduplication Savings」が0Byteのままで重複排除が実行されない。

Protect: SERVER1>q stgpool diskpool01 f=d 
                     Storage Pool Name: DISKPOOL01
                     Storage Pool Type: Primary
                     Device Class Name: FILECLASS01
〜中略〜
                     Deduplicate Data?: Yes
  Processes For Identifying Duplicates: 1
                            Compressed:
   Additional space for protected data:
            Total Unused Pending Space:
                 Deduplication Savings: 0 (0%)
                   Compression Savings:
                     Total Space Saved: 0 (0%)
                        Auto-copy Mode: Client
 Contains Data Deduplicated by Client?: No
〜以下省略〜

その場合、オプションファイルのDEDUPREQUIRESBACKUPをnoにするとよい。

Protect: SERVER1>setopt DEDUPREQUIRESBACKUP no
続行しますか? (はい (Y)/いいえ (N)) y
ANR2119I The DEDUPREQUIRESBACKUP option has been changed in the options file.

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSGSG7_7.1.1/com.ibm.itsm.srv.ref.doc/r_cmd_stgpool_psa_update.html
http://www.lanigera.com/wordpress/2011/08/enabling-deduplication-on-a-primary-storage-pool-in-tsm-6-2/
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SSGSG7_7.1.7/srv.reference/r_cmd_setopt.html

テープ装置を使用したストレージプールの登録

IBM Tape Device Driverの導入(Linux)

IBM Tape Device Drivers Installation and User's Guide
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?rs=577&uid=ssg1S7002972

  • AIXはAtape
  • Linuxはlin_tape
    # rpmbuild --rebuild lin_tape-1.76.0-1.src.rpm
    # cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64
    # rpm -ivh lin_tape-1.76.0-1.x86_64.rpm
    Preparing...                ########################################### [100%]
       1:lin_tape               ########################################### [100%]
    Starting lin_tape:
    lin_tape loaded

Passthruドライバの構成(Linux)

Linux環境においてIBM Tape Device Driversに対応していない、テープドライブ、チェンジャーを使用する場合はテープライブラリおよびテープドライブを使用するにはTSMからSCSI機器を直接コントロールさせるため、Tivoli Storage Manager Passthruドライバの構成が必要である。
PassthruドライバはSCSIデバイスファイル(/dev/sgn)からTSMデバイスファイル(テープドライブの場合/dev/tsmscsi/mtn , ライブラリの場合/dev/tsmscsi/lbn)へのマッピングを行う。

# /opt/tivoli/tsm/devices/bin/autoconf
******************************************
*       IBM TIVOLI STORAGE MANAGER       *
*   Autoconf Utility Program for Linux   *
******************************************
Licensed Materials - Property of IBM

(C) Copyright IBM Corporation 2009. All rights reserved.
U.S. Government Users Restricted Rights - Use, duplication or disclosure
restricted by GSA ADP Schedule Contract with IBM Corporation.

Tivoli Tape Drives:
===================
Index Minor Host CHN ID  LUN Type Vendor_ID Device_Serial_Number Product_ID Rev.
000   003   004  000 006 000 001  SEAGATE   HN0EXD9       DAT    9SP40-000 912L

テープライブラリの登録

stgpool-tape.png
  1. テープライブラリの登録
    テープライブラリを登録する場合、登録されるテープライブラリはTSMによってサポートされている必要がある。また、テープ装置単体の場合であってもライブラリータイプ=MANUALにてライブラリとして登録する必要がある。
    Linux版サポートデバイス(ibm.com)
    AIX/Solaris版サポートデバイス(ibm.com)
    TSM:SERVER1> define library ライブラリー名 libtype=ライブラリータイプ
    TSM:SERVER1> define path サーバー名 ライブラリー名 srctype=server desttype=library
                    device= 論理デバイスファイル名
    論理デバイスファイル名はPassthruドライバで登録されたデバイスファイル(/dev/tsmscsi/lbn)
    なお、テープ装置単体の場合、path定義は不要である。
  2. テープ装置の登録
    TSM:SERVER1> define drive ライブラリー名 ドライブ名
    TSM:SERVER1> define path サーバー名 ドライブ名 library=ライブラリ名 srctype=server
                    desttype=drive device=論理デバイスファイル名 
    論理デバイスファイル名はPassthruドライバで登録されたデバイスファイル(/dev/tsmscsi/mtn)
  3. デバイスクラスの登録
    SM:SERVER1> define devclass デバイスクラス名 devtype=デバイスタイプ 
                   format=フォーマットタイプ library=ライブラリ名
    デバイスタイプおよびフォーマットタイプは、使用するメディアにより次のような指定となる。
    メディアdevtypeformat
    4mmDAT4mmdds3DDS3非圧縮
    dds3cDDS3圧縮
    dds4DDS4非圧縮
    dds4cDDS4圧縮
    dds5DAT72非圧縮
    dds5cDAT72圧縮
    LTOltoULTRIUMUltrium非圧縮
    ULTRIUMCUltrium圧縮
    ULTRIUM2Ultrium2非圧縮
    ULTRIUM2CUltrium2圧縮
    http://publib.boulder.ibm.com/tividd/td/ITSML/GC23-4691-02/ja_JA/HTML/anrlrf522108.htm
  4. ストレージプールの登録
    TSM:SERVER1> define stgpool ストレージプール名 デバイスクラス名
  5. テープメディアの登録
    1. ボリュームの定義
      TSM:SERVER1> define volume ストレージプール名 ボリューム名
    2. テープのラベル付け
      テープメディアにボリューム名を書き込みます
      TSM:SERVER1> label libvolume ライブラリー名 ボリューム名 overwrite=yes
      overwriteはすでにラベル付けされたテープを使用する場合に指定します。

Counter: 4735, today: 1, yesterday: 3