Top / Installmemo / Linux / Network

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Wake on Lan

Target側の設定

  • 必要なもの
    ethtool
  • BIOSの設定
    BIOSにてwake on lanオプションをenableにする。
  • etherカードの設定
    Magicパケットを受け取った場合(wol)、起動する(g)。
    # ethtool -s eth0 wol g
    設定状況の確認(Wake-onの項目)
    # ethtool eth0
    Settings for eth0:
           Supported ports: [ TP ]
           Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full
                                   100baseT/Half 100baseT/Full
                                   1000baseT/Full
           Supports auto-negotiation: Yes
           Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full
                                   100baseT/Half 100baseT/Full
                                   1000baseT/Full
           Advertised auto-negotiation: Yes
           Speed: 100Mb/s
           Duplex: Full
           Port: Twisted Pair
           PHYAD: 0
           Transceiver: internal
           Auto-negotiation: on
           Supports Wake-on: umbg
           Wake-on: g
           Current message level: 0x00000007 (7)
           Link detected: yes

Operation側の設定

  • 必要なもの
    net-tools
  • targetの起動方法
    # ether-wake <target machine MAC address>

インテル® PRO/1000 シリーズアダプター

http://support.intel.co.jp/jp/support/network/adapter/1000/linux_readme.htm

ジャンボフレーム(MTUサイズの増加)

通常、EtherのMTUサイズは1500Byteであるが、gigabit ether netwoarkにおいてはMTUサイズを増加させることでパフォーマンス向上を図ることができる。
ただし、以下のGigabit Ethernet AdapterはJumbo Frameをサポートしない。82566MMThinkPad T61, X61に搭載される。

  • Intel® 82562V 10/100 Network Connection
  • Intel® 82566DM Gigabit Network Connection
  • Intel® 82566DC Gigabit Network Connection
  • Intel® 82566MM Gigabit Network Connection
  • Intel® 82566MC Gigabit Network Connection
  • Intel® 82562GT 10/100 Network Connection
  • Intel® 82562G 10/100 Network Connection
    http://support.intel.com/support/network/sb/CS-009209.htm#jumbo_frames
手動でのMTUサイズ変更(mtuサイズを9014byteに変更する場合)
# /sbin/ifconfig eth0 mtu 9014 up

また、/etc/sysconfig/network-script/ifcfh-eth0に記述ることで対応が可能である。

追加する設定値(mtuサイズを9014byterに変更する場合)
MTU=9014

MTUサイズはifconfigコマンドで確認できる。

# /sbin/ifconfig eth0

ネゴシエーション設定

リンクスピードを固定化する場合などの設定はモジュールのオプションで行う。

Duplex
値範囲:0-2 (0=auto-negotiate、1=half、2=full)
デフォルト値:0

 

Speed
値範囲:0、10、100、1000(0=auto-negotiate)

 

FlowControl
値範囲:0-3 (0=none、1=Rx only、2=Tx only、3=Rx&Tx)

/etc/modprobe.conf例(複数インターフェースを持つ場合はカンマで列挙する)

eth0はオートネゴシエート、eth1は100Mbps全2重で固定する場合
eth0 e1000
eth1 e1000
options e1000 Speed=0,100 Duplex=0,2

設定内容はethtoolで確認できる。

# ethtool eth0

Ether Channel

Channel Bonding

  • モジュールの読み込み
    /etc/modprobe.d/bonding.conf
    alias bond0 bonding
  • 各物理NICの設定
    bondをマスターとするスレーブアダプターとして定義する
    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    DEVICE="eth0"
    HWADDR="xx:xx:xx:xx:xx:01"
    BOOTPROTO="none"
    MASTER="bond0"
    SLAVE="yes"
    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
    DEVICE="eth1"
    HWADDR="xx:xx:xx:xx:xx:02"
    BOOTPROTO="none"
    MASTER="bond0"
    SLAVE="yes"
  • 論理NIC(bond)の作成
    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
    DEVICE="bond0"
    BONDING_OPTS="mode=1 primary=eth0 miimon=100 updelay=5000"
    ONBOOT="yes"
    BOOTPROTO="static"
    IPADDR="192.168.0.1"
    NETMASK="255.255.255.0"
  • status確認
    # cat /proc/net/bonding/bond0

Network Managerの無効化

RHEL6からはX-Windowsが導入されると、ネットワーク管理がNetworkManager?になる。従来通りの管理を行う場合はNetworkManager?を停止させる。

# service NetworkManager stop
# chkconfig NetworkManager off

もしくは、該当のインターフェースをNetworkManager?の管理から外す。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-xxx
NM_CONTROLLED=“no”

Counter: 2888, today: 1, yesterday: 0