トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


Link

ブートローダー

Disk管理

  • Installmemo/Linux/strage?

チューニング

  • メモリオーバーコミット(Kernel 2.6 uppper)
    メモリが逼迫した状況でも、memory overcommit によるプロセスの突然死を起こしたくな い状況ではproc/sys/vm/overcommit_memory を "2" にし、
    かつ overcommit_ratio を調整して "malloc_limit"値 が物理メモリ量を超えないようにすれば良い
    malloc_limit[MB]= swap領域のサイズ[MB] + (物理メモリ量[MB] * overcommit_ratio / 100)
     
    # sysctl -w vm.overcommit_ratio=99
    # sysctl -w vm.overcommit_memory=2

Kernel Build

# cp old/.config 
# make dep
# make bzImage
# make modules
# make modules_install

# cat arch/i386/boot/bzImage > /boot/vmlinuz-2.6.20.1
# cp System.map /boot/System.map-2.6.20.1


# cd /boot
# mkinitrd initrd-2.6.20.1 2.6.20.1
# ls -la initrd-2.6.20.1
-rw-r--r-- 1 root root 115561  2月21日 02:20 initrd-2.6.20.1
# mv initrd-2.6.20.1 initrd-2.6.20.1.img
# cd /etc
# cp -ip lilo.conf lilo.conf.yyyymmddnn
# vi lilo.conf 
# /sbin/lilo

Warning:  LINEAR is deprecated in favor of LBA32:  LINEAR specifies 24-bit
  disk addresses below the 1024 cylinder limit; LBA32 specifies 32-bit disk
  addresses not subject to cylinder limits on systems with EDD bios extensions;
  use LINEAR only if you are aware of its limitations.

Added linux
Added linux2619 *
Added linux2620

# rm System.map
# ln -fs System.map-2.6.20.1 System.map
# cat lilo.conf
prompt
timeout=20
default=linux2619
boot=/dev/hda
map=/boot/map
install=/boot/boot.b
linear 

image=/boot/vmlinuz-2.6.16-0vl60
        label=linux
        initrd=/boot/initrd-2.6.16-0vl60.img
        read-only
        append="root=LABEL=/"

image=/boot/vmlinuz-2.6.19.1
        label=linux2619
        initrd=/boot/initrd-2.6.19.1.img
        read-only
        append="root=LABEL=/"

image=/boot/vmlinuz-2.6.20.1
        label=linux2620
        initrd=/boot/initrd-2.6.20.1.img
        read-only
        append="root=LABEL=/"

インテル® PRO/1000 シリーズアダプター

http://support.intel.co.jp/jp/support/network/adapter/1000/linux_readme.htm

  • ジャンボフレーム(MTUサイズの増加)
    通常、EtherのMTUサイズは1500Byteであるが、gigabit ether netwoarkにおいてはMTUサイズを増加させることでパフォーマンス向上を図ることができる。
    手動でのMTUサイズ変更(mtuサイズを9014byteに変更する場合)
    # /sbin/ifconfig eth0 mtu 9014 up
    また、/etc/sysconfig/network-script/ifcfh-eth0に記述ることで対応が可能である。
    追加する設定値(mtuサイズを9014byterに変更する場合)
    MTU=9014
    MTUサイズはifconfigコマンドで確認できる。
    # /sbin/ifconfig eth0
  • ネゴシエーション設定
    リンクスピードを固定化する場合などの設定はモジュールのオプションで行う。
    Duplex
    値範囲:0-2 (0=auto-negotiate、1=half、2=full)
    デフォルト値:0
     
    Speed
    値範囲:0、10、100、1000(0=auto-negotiate)
     
    FlowControl
    値範囲:0-3 (0=none、1=Rx only、2=Tx only、3=Rx&Tx)
    /etc/modprobe.conf例(複数インターフェースを持つ場合はカンマで列挙する)
    eth0はオートネゴシエート、eth1は100Mbps全2重で固定する場合
    eth0 e1000
    eth1 e1000
    options e1000 Speed=0,100 Duplex=0,2
    設定内容はethtoolで確認できる。
    # ethtool eth0

ユーザーID管理のメモ

# chage
Usage: chage [-l] [-m min_days] [-M max_days] [-W warn]
       [-I inactive] [-E expire] [-d last_day] user
# usermod
使用法: usermod [-u ユーザID [-o]] [-g グループ] [-G グループ,...]
               [-d ホーム [-m]] [-s シェル] [-c コメント] [-l 新規ユーザ名]
               [-f 無効日数] [-e 期限切れ日 ] [-p パスワード] [-L|-U] ユーザ名
  • /etc/shadowファイルのフォーマット
    username:passwd:last:may:must:warn:expire:disable:reserved
    usernamepasswdlastmaymustwarnexpiredisablereserved
    ユーザ名エンコードされたパスワード1970年1月1日から、パスワードが最後に更新された日までの日数何日前にパスワードが変更されたと思われるかパスワードを変更しなければならない期限パスワードの期限切れの何日前にユーザに警告するかパスワード期限切れの何日後にアカウントを抹消するか1970年1月1日から、アカウントが抹消された日までの日数予約フィールド
  • ロック
    • 状況表示
      # faillog -u username
    • ロックの解除
      # faillog -r username

Channel Bonding

http://mikilab.doshisha.ac.jp/dia/research/person/atsushi/bonding1.html

RPMのエラー

  • キャッシュファイルが損傷した
    # apt-get update 
    取得:1 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386 release [2254B]
    2254B を 0s 秒で取得しました (15.4kB/s) 
    取得:1 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/main pkglist [286kB]
    取得:2 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/main release [158B]
    取得:3 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/plus pkglist [484kB]
    取得:4 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/plus release [166B]
    取得:5 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/updates pkglist [47.0kB]
    取得:6 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/updates release [169B]
    取得:7 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/nonfree pkglist [5713B]
    取得:8 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/nonfree release [169B]
    取得:9 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/main srclist [121kB]
    取得:10 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/plus srclist [199kB]
    取得:11 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/updates srclist [10.4kB]
    取得:12 http://updates.vinelinux.org 4.1/i386/nonfree srclist [10.1kB]
    1164kB を 2s 秒で取得しました (389kB/s)
    セグメンテーション違反ですでいます... 0%
    対応-キャッシュファイルを削除する。
    [root@inasa apt]# mv /var/cache/apt/pkgcache.bin /tmp/
    [root@inasa apt]# mv /var/cache/apt/srcpkgcache.bin /tmp/
  • RPM DBが損傷した
    表示されるメッセージ例
    rpmdb: PANIC: fatal region error detected; run recovery
    error: db4 error(-30977) from db->get: DB_RUNRECOVERY: Fatal error, run database recovery
    対応
    # mv /var/lib/rpm/__db.001 /tmp
    # mv /var/lib/rpm/__db.002 /tmp
    # mv /var/lib/rpm/__db.003 /tmp
    # rpm --rebuilddb

Tips

  • HDDのパーティションにラベルを付ける
    # e2label /dev/hdaxx /labelname
  • RAM tmpファイルシステムを使う
    ファイルシステムタイプ tmpfsはメモリ上に展開される。/dev/shmにマウントされる。
    実際にファイルI/Oに使うには下記のようにマウントする。(/tmpに32MB RAM上から割り当てられる)
    サイズ指定しない場合は実メモリの半分が割り当てられる。
    # mount -t tmpfs -o size=32m tmpfs /tmp
    /etc/fstabにも記述可能。
    /dev/shm             /tmp                    tmpfs    defaults,size=64m        0 0
  • シリアルコンソール化
    • inittabの追記
      co:2345:respawn:/sbin/agetty -h 115200 ttyS0 vt100
    • liloの修正
      カーネル指定のappendオプションに次を追加
      console=tty0 console=ttyS0,115200
    • kuduzuの更新停止
      # vi /etc/sysconfig/kudzu
      SAFE=yes
    • シリアルコンソールのログイン許可
      /etc/securettyにttyS0を追加
      http://www.shoshin.co.jp/c/lsi/scs/faqlinux.html

Counter: 8316, today: 2, yesterday: 0