Top / Installmemo / TSM / TapeLib

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

ストレージプールおよびテープライブラリの管理

チェックイン

準備中

チェックアウト

準備中

ストレージプールの検査

ストレージプールに保管されているデータが正常に読み込めるかをテストする。

TSM:SERVER1> audit volume stgpool=ストレージプール名

リクラメーション

テープメディアおよび順次ファイルボリュームに不要データが蓄積した場合、指定した無効データの割合を指定することでメディア内の不要データ整理が行われます。(自動で実行されます)100%を指定した場合は実行されません。reclaimでは有効データの割合を指定します。90を指定した場合、ボリュームの有効利用率が90%未満のボリュームがリクラメーションの対象となります。

TSM:SERVER1> update stgpool ストレージプール名 reclaim=有効データの割合

任意のタイミングで実行する場合は次の通りです。thresholdでは無効データの割合を指定します。10を指定した場合、ボリュームの有効利用率が90%未満のボリュームがリクラメーションの対象となります。

TSM:SERVER1> reclaim stgpool ストレージプール名 threshold=無効データの割合

Counter: 4173, today: 1, yesterday: 1