Top / Installmemo / RS6000 / POWER

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

POWER5/POWER6におけるCPU利用環境の設定方法を扱う。

Shared Processor

10msでスケジューリング.

  • CPU利用時間の制限
    • capped
    • uncapped
      「Weight scale(0〜255)」を指定し最大割り当て時間を超えたCPU利用が可能。優先順位はWeight scaleによる。(数字が大きいほど優先順位高)

Simulataneous Multi-Threading (SMT)

CPUの空き時間を利用して複数のThreadを実行する機能。物理プロセッサおよび論理プロセッサ双方に設定可能である。

  • SMTの状態表示
    # smtctl
    
    This system is SMT capable.
    SMT is currently enabled.
    SMT boot mode is set to enabled.
    SMT threads are bound to the same physical processor. 
    
    proc0 has 2 SMT threads.
    Bind processor 0 is bound with proc0
    Bind processor 1 is bound with proc0
  • SMTの有効化
    # smtctl -m on
    smtctl: SMT is now enabled. It will persist across reboots if
            you run the bosboot command before the next reboot.
  • SMTの無効化
    # smtctl -m off
    smtctl: SMT is now disabled. It will persist across reboots if
            you run the bosboot command before the next reboot.
  • Bootイメージの再作成
    SMTの設定を変更した場合、bootイメージの再作成が必要となる。
    # bosboot -a
    bosboot: Boot image is 23140 512 byte blocks.

Counter: 1500, today: 1, yesterday: 0